任意売却

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難になった際に債権者(金融機関など)の同意を得たうえで一般市場に不動産を売却することです。
通常、住宅ローンで購入した不動産には担保として「抵当権」が設定されています。そしてもし、何らかの事情で債務者(不動産所有者)が住宅ローンを支払えなくなった場合、債権者は抵当権を行使して不動産を差し押さえ競売にかけます。 しかし強制的に売却される前に債権者と交渉し、任意売却の許可が下りた場合は住宅ローンを完済していなくても抵当権の抹消及び一般市場での売却が可能になります。

住宅ローンでお困りのことはご相談下さい!

まずは一度ご相談下さい

  • 売却するか決まっていなくても大丈夫です。
  • ローンを数ヶ月間滞納していても大丈夫です。
  • 他の不動産会社で断られても大丈夫です。
  • 金融機関との交渉は全てお任せできます。
  • 売却した後の残債の相談もお任せください。
  • 売却後の返済額を減らすことも可能です。